【ODJ的】大学生のおすすめバイト+注意すべきこと3点

blog
ODJ
ODJ

こんにちはODJです!

今回はODJ的おすすめバイトを紹介します!

あくまで個人的意見のため参考程度に!

僕のバイト(個人事業)遍歴

・魚屋さんで短期バイト(高3終わり頃)
・コンビニ(大学1年6月)
・WEB制作会社とコーダーとして業務委託(大学3年〜現在)
・魚屋さん(大学1年7月〜4年)

こんな感じで少ない経験でありましたが

年数は重ねてきたタイプです!

おすすめバイト

インターンバイト

おすすめする理由①

スキルがガッツリつくし実務に直結する

僕はできなかったのでこれは今でもやっておけばよかったと後悔しています

ギリギリ焦って身につけた簡単なコーディングスキルで滑り込んだ

WEB制作企業との業務委託がありましたが

そんなに経験は積めませんでした

おすすめする理由②

就活で有利働くケースがある

大学生活が終わりになるにつれて

徐々に進路について考え出すときにそう思います

段々と自分のやりたいことや方向性が固まった段階で

「あの時もっとこんなスキルがあったらな。。。」

なんて感じると思った時にはもう遅いのが現実です

僕も大学時代に取得した資格の話でなんとかアピールできましたが

さすがにインターン組には勝てなかったです(そりゃ当然ですね😂)

インターン先を探すツール

アプリで実際に使っていたものを紹介します!

・Wantedly(https://www.wantedly.com/)
・Infraインターン(https://www.in-fra.jp/long-internship

暇な時にでもぜひ使ってみてください!

ODJ
ODJ

あとは場所にもよりますが

就活カフェを利用するといいかもしれません!!

バイトをする上での注意点

ここからはどんなバイトでも共通する注意点をまとめました

勤続期間

長ければ長いほどいいでしょう

僕も結局4年間魚屋さんでバイトしていました

何がよかったのか

・就活時に継続力があるという印象を持ってくれる
・最後までやり遂げる力がつく
・魚を簡単に捌く力がつく
・対人関係が強くなる
・だんだん慣れてきて楽しくなる

こんな感じでしょうか

特に就活の時に継続力があるという認定がされるのは大きいですね

実際に12個のバイトをしてきた他大学の学生とグループ面接で

同じになった経験がありましたが

次の面接時にはいませんでした

バイトは決して数が多ければ良いってことではないです

給与

最低賃金ギリギリや高すぎる報酬系は基本避けること

やりたいことがあるなら

別に報酬系は意識しなくて良いと思います

最低賃金ギリギリのところは

シンプルにモチベーションが上がらないことがあるでしょう

高すぎても怪しいバイトの可能性が高いので注意です

人間関係

ここが一番重要かも

大体が人間関係で決まりますからここは注意です

いつでも逃げられる準備をしましよう

けど常に自分が悪いかもという気持ちは持つようにしましょう

結局どこに行っても嫌な人などはいますから

気にしないことですね

それでも嫌なら

自分一人で生計が建てられるような準備をすることです

僕の場合で言うと

行政書士という資格ですかね

まとめ

・おすすめバイト
→インターンバイト

・ツール
→Wantedly(https://www.wantedly.com/)
→Infraインターン(https://www.in-fra.jp/long-internship)

・注意点
→勤続年数は長い方がいい
→高すぎず、安いすぎない報酬
→人間関係

コロナ禍でありますが

楽しいバイト生活を送れることを願っています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました