【歯科矯正ブログ】歯科矯正歴10年が教える歯科矯正のあれこれ

blog
ODJ
ODJ

こんにちはODJです。

今回は長い期間していた歯科矯正についてのブログを書きました。

想定読者
→歯科矯正に少しでも興味がある人
→歯科矯正をしようか悩んでいる人
→歯科矯正をしているけど終わったらどうなるのか気になる人
→そのほか時間がある人

歯科矯正を始めた理由

僕が歯科矯正を始めた理由は母に強制的にやらされたのがきっかけです(笑)

小学3年生の時に始めたわけなのですが病院嫌いであったので初めはすごく嫌でした。

歯並びが当時から少しだけ悪かったのでそれで始めたのも一つあります。

ただそこからまさか10年近く歯科矯正をしていくことになるとは思ってもいませんでした。。。

歯科矯正に10年かかった理由

理由①:病院嫌いであったから
理由②:習い事で忙しかった
理由③:顎の手術をしたから

理由①:病院嫌いであったから

小さい頃は歯科医院に関わらず病院全般がすごく嫌いでした。

特に注射が嫌いで予防接種の時は地獄でした。

そんな病院嫌いの性格のせいでここまで期間が伸びてしまった理由の一つになりました。

理由②:習い事で忙しかったから

習い事に関しては小学2年から高校生までサッカーをしていました。

完全に言い訳ですが小学生の時は割と通えていました。

ただ、中学高校の期間は完全に歯科矯正治療が止まりました。

結構ガチでサッカーに取り組んでいたので歯科矯正どころではなかったです。

今考えるとあり得ないですがそのせいで虫歯が7本できました。

理由③:顎の手術をしたから

どういうこと?ですよね。

結論から言うと「顎変形症」の手術をしました。

顎変形症」と言うのは簡単に言うとアゴの位置にズレがある病気です。

なぜ顎変形症の治療をしようかと考えたのかというと、

高校まで止めていた歯科矯正の治療を再開させた頃の話まで遡ります。

大学生になると同時に見た目に気を使うようになったのがきっかけです。

自分の顔を見た時に顎周りの異変に気付いたのです。

それが左右非対称であったと言うことです。

これは嫌だなと感じて治療できるならしたいと考えましたが

美容整形くらいしか当時は思いつかなかったです。

ただ調べてみると「顎変形症」と言う名の病気として歯科矯正の一環として治療ができて

保険も効くという道が見つかりました。

治療を決めてからは今まで通っていた歯医者を変えて大学病院にも通うなど

大きく歯科矯正に対しての環境を変えました。

詳しいことはこちらで⬇︎

そんなこともあって歯科矯正をする期間がさらに伸びたということでした。

歯科矯正でよくある質問

*個人の意見になりますのであくまでも参考に

費用面について

・1月に1回の通いで2000〜3000円(保険適用)✖️4年くらい
・ワイヤーチェンジなどのタイミング次第では5000〜30000円のレンジ(保険適用)

よく歯科矯正は100万円するとかいう人がいますがそんなことはないと思います。

もちろん期間が長かったり美容整形での歯科矯正ならあり得ますが

今はそんなにかからないと思います。

また目安ですが一回の支払いで4万円を超えたことは一度もないです。

あとは、ワイヤーチェンジなどのタイミングとありますが1年に3回あるかないかくらいですかね。

これに関しては個人差があるので何とも言えないですが僕の場合はそんな感じです。

痛みについて

痛みはあるが永遠に続くわけではない

これも勘違いされていますが永遠に痛みがあるわけではないです。

主に痛みが現れるときはワイヤーをチェンジした時です。

つまりワイヤーの強度を強めた時に起こる現象です。

痛みは1週間程度でなくなるので心配ないです。

ただ、その1週間は豆腐が噛めないくらの痛みがある時があるので注意です(笑)

僕の場合は小学生の時はワイヤーチェンジのタイミングとサッカーが重なった時は

地獄のような痛みの中サッカーをしていた経験があります(笑)

スポーツをするときに歯を食いしばらない瞬間なんてあり得ないですから

とてつもなく痛かったのを覚えています。

病院選びについて

口腔外科がついている歯医者を選ぶのが吉

これは本当に誰も紹介していない情報だと思います。

なぜ口腔外科付きの病院を選ぶと良いのかというと

顎の観点から歯科矯正の治療のアプローチしてくれるからです。

どういうことかというと、歯の位置をずらすことはどの歯医者でもできます。

しかし、アゴの位置までは動かせません。

先に紹介したように僕みたいな顎変形症だった場合は

口腔外科でないと処置できないということが起こり、

後で顎変形症だったから病院を変たいとなった時には二度手間ですよね。

僕の場合はその二度手間をして時間がかかった過去があるので

この経験が生きればと思って病院選びの重要性をお伝えしました。

もちろん街中の歯科医院でも問題ないと思いますが

知識の量と技術に関して圧倒的に差があります。

そりゃ守備範囲が広ければ強いのは間違いないですよね。

また口腔外科を持つ歯科医院の医院長先生は高学歴であることが多いです。

ここだけの話、後に大学病院でも並行して治療することになりましたが

政界の方御用達の超有名大学病院に通院できました。

施設の綺麗さや最新の器具や技術なのでそういった面でも

口腔外科付き歯科医院は本当におすすめです。

歯科矯正で顔が変わる

顔が変わると思えるくらい効果出る人が多いのは事実

厳密にいうと歯並びが綺麗になったことによって

以前の状態の時と違って噛み方に無駄がなくなったので

顎が小さく見えるといった現象がよくあるそうです。

僕の場合は顎変形症でアゴの形を変てしまったので

歯科矯正のみでの成果ではないですが、そんな話があるそうです。

歯科矯正で一番成果を感じるのは見た目の変化なので

そこは歯科矯正を続ける上でのモチベーションですよね。

歯科矯正をして結果よかった!?

結論良かったです。

お金と時間をかけて行うべきだと感じました。

今後は今以上に歯科矯正をして良かったと思える日が来ると思っています。

何よりも見た目に変化が出て思いっきり笑えたりよく噛めたりするのが最高です。

もちろん治療中は痛いことや私生活に多少の支障が出ることはたくさんありました。

けど徐々に慣れるので気にするところではないです。

まとめ

・歯科矯正に10年かかったのは「病院嫌い」「習い事」「顎変形症」のため
・費用は思ってるほどかからない(保険適用の月1で2000〜3000円支払い)
・痛みはあるが1週間程度で消える
・治療期間は2〜4年が平均くらい
・病院選びは「口腔外科」付き歯科医院を選べ
・歯科矯正で顔が変わるくらい変化することもある

以上となりますがみなさんの参考になれば幸いです。

全然読んでくれる方がいないので

個別で質問があれば僕のTwitterや当ブログサイトのお問い合わせフォームより

ご記入いただきますと無料でお答えします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました